EDは治る!最新ED治療!最近話題のシリアスなどについても

最近ではEDの悩みを抱えている人も多くなっています。しかし、ED治療をきちんと行う事により治す事が出来ます。どんな治療方法があるのか今回は紹介していきますので参考にしてみてください。
ED治療薬の元祖であるバイヤグラは服用かた1時間程度で効果が出て、その後4時間~5時間程度持続する、即効性の高い薬です。2番目に開発されたレビトラは服用から最短20分程度で効果が現れるので、さらに即効性に重きを置きたい薬です。
シリアスはこれらのED治療薬とはコンセプトが異なって、服用から効果を最大限発揮するまでに3時間程度かかる遅効性の薬です。最大36時間という脅威の持続性を有しています。
効果のすぐに現れる即効性のバイヤグラ、レビトラに対して、ゆるやかに効果が現れて持続するシアリスなど、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことが出来ます。
シリアスはバイヤグラやレビトラと同じようにPDE-5阻薬で効果や効能については同じと言えます。男性器が勃起するには、CGMPという成分の働きにより血管が拡張されなければなりません。これにより血液が多く流れることにより、男性器は正常に勃起します。
しかし、PDE-5という酵素はCGMPを壊す働きがあり、これが活発になってしまうと血管が拡張されずにうまく勃起しなくなります。これがEDの原因となっているのです。シリアスの効果をきちんと実感する為には、適切な飲み方を守る必要があります。
シリアスには、5mg、10mg、20mgの3種類の錠剤があります。この種類の中で、どれを処方するかについては、患者さんの状態を確認して医師がけってします。それぞれ有効成分の含有量が異なっているので、用量により効き目は違ってきます。
5mg錠が一番弱く、20mg錠が最も強い効果を発揮する事が出来ると期待されています。実際に、5mgのシリアスを服用して、効き目が不安になり、一度に2錠以上連続で服用したり、飲む間隔が狭かったリすることにより、副作用の危険性がありますのえ、自己判断ではなく、医師の判断した用法用量で摂取することが大切になってきます。
服用するタイミングですが、シリアスは最大36時間効果が持続する薬ですが、早めに飲んでも全く問題ありません。しかし、24時間空間を飲む必要があります。バイヤグラやレビトラの場合には、性行為を行う1時間前に飲むのが一番良いタイミングと言われていますが、シアリスは、性行為を行う3時間前に飲むのが良いタイミングとなっています。
シリアスは、バイヤグラやレビトラに比べると食事の影響を受けにくい薬となっています。重い食事を摂らない限りは食後に服用しても効果を発揮する事が出来ます。全く影響がないというわけではなく、空腹時と比較すると効果は減ってしまいます。
シアリスも他のED治療薬と同じく、空腹時に服用するのが最適で、効果が長いので、食事の前に飲んでも問題ありません。シアリスの服用後に食事をする場合には、間隔が短いと薬の成分がうまく吸収されないので、服用して30分以上空けて食事をするようにしましょう。
シリアスはお酒や食事の影響は受けにくいと言われていますが、服用時にグレープフルーツを食べるのは避けるようにしましょう。グレープフルーツに含まれているフラノクマリンという成分がシリアスの成分を対外へ排出する事を邪魔して、体内に残ってしまう場合があり、悪影響となってします事もあります。
シリアスは、食事の影響を受けにくいED治療薬と言われていますが、食事の場ではアルコールが入ることもあります。これも大きな影響はありませんが、アルコールには精神安定作用があるので、少量の飲酒であれば気分をリラックスする事が出来ます。
EDには精神状態が強く関係するのでアルコールを飲む事により、一層強くシリアスの効果を感じる事が出来るケースもあります。少量のアルコールはおすすめできます。しかし、アルコールを飲み過ぎてしまうことにより、EDを悪化させてしまう可能性があります。
アルコールには、神経伝達を鈍らせる作用もあり、多量に摂取すると性的な刺激がうまく伝達しなくなってしまい、シアリスを飲んだ場合でも、男性器の勃起が不完全になったり、勃起しなくなってしまうケースもあります。
実際に、快適な性行為を行う為には、きちんと考えていかなくてはならない事や守る必要がある事もたくさんありますが、何より、正しい方法で摂取することにより、治療を行っていく事が出来ます。
男性としての自信を取り戻すために薬を使っているという人も多いと思いますが、自信を持つことを意識して、効率的に活用していく必要があります。